So-net無料ブログ作成

瀬戸内の大型連休 [瀬戸内の生活]

今年も大型連休が終わり、初夏を迎える季節となりましたが、皆様如何お過ごしですか・・・。約一ヶ月が過ぎました熊本地方の被災者の方々へのお見舞いと、救済関係で暑い中お仕事やボランティアをなさっておられる方々へ心より御礼を申し上げます。暇爺としては現地へも参れませんので、各種の義援金等でのご支援を続けて参りますので、被災者の方々も体調にご留意下さい。

伊予の松山では、道後温泉が大勢のお客様で、入浴客が数百メ-トル並んでいるニュ-スが連日報道されていました。地元では毎年5月1日に春祭りが行われており、今年も町内会役員として参加させていただきました。昔から農業に関する五穀豊穣と、地域の平安を祈念して行われています。
松末春祭り (1).JPG

町内会長さんを始め、水利関係者・市会議員・地元企業・町内役員様等々大勢の参加者です。
松末春祭り (2).JPG


翌日の5月2日には、久万高原町露峰のそば処「若宮」さんへ参りました。季節柄、昔ながらの五月人形がお迎えしてくれました。
そば処・若宮 (2).JPG

また今年は閏年の四国遍路逆打ち(88番から1番へ回る事)を歩き遍路されている、若いお客様がこられてそば処で休息されていました。
そば処・若宮 (4).JPG

関東方面から来られたとの事で、歩き遍路さんでも結構費用がかかるとのお話をされておられましたが、今はスマホで色々情報入手が出来て便利ですとの事です。
そば処・若宮 (5).JPG


5月5日の子供の日は家族で小豆島へ参りました。瀬戸内では淡路島の次に大きい島ですが、橋が架かっておらず高松港からのフェリ-で約1時間かかり久しぶりに船旅が楽しめました。
瀬戸内の景色 (1).JPG

船中でお会いしたご婦人が、60年振りに小豆島のご実家のお墓参りに変えられるとの事で、懐かしい小豆島のお話をお聞かせいただきました。昔は醤油工場で働いていたご主人が直島の三菱重工で金の製造をされていたとの事で、今度はぜひ直島の素晴らしいア-ト作品を見に来てくださいとの事でした。
小豆島 (2).JPG

小豆島の玄関口、土庄港にも素晴らしい作品が有り皆で写真撮影です・・・。
島内には多くのオリ-ブ園が有り、明治から国策として始められた場所へ参りました。
オリ-ブ園 (2).JPG

オリ-ブ園 (3).JPG

国内の観光場所にしては、橋が架かっていない分不便なので外国人観光客が少なく、若いカップが目立ちました。潮が引いた時に二人で渡れば結婚出来るといわれる「エンジェルロ-ド」も潮が引くのを待って多くのカップルが渡っていました。
エンジェルロ-ド (4).JPG


島内には有名な「岬の分教場」があり、映画「二十四の瞳」の場所です。
小豆島 (6).JPG

小豆島 (7).JPG


この岬には別荘が沢山有りまして、瀬戸内でも有数のリゾ-ト地区です。元々、リゾ-トとは煩雑な日々の仕事から都会を離れ、自然一杯の場所へ行って心を癒し頭の中をリ・ソ-ト(並び替えて整理する事)する事との説が有ります。
小豆島 (1).JPG

この場所は先ほどのオリ-ブ園から、内海湾をはさんだ対岸辺りです。

昔から瀬戸内では船での輸送を生かして、醤油・味噌・素麺を始め、秀吉さんの大阪城の大きな石(イカダを組んで中の島を通り運ばれたとの事)も小豆島から運ばれたとの事です。

また大三島の肥海の太陽光設備が、農地転用許可もいただき設置が完了しました。青少年自然の家の東側の海抜約20mの丘の上で、日当りの良い場所です。
肥海太陽光(1).jpg

肥海太陽光 (2).jpg

設置場所からは、瀬戸内の伊予灘が望めて景色の良い場所で、遠くはNHK朝ドラ「マッさん」の実家・竹鶴酒造の有る広島県竹原が望めます。
肥海太陽光 (3).JPG


松末のバラが今年も見事に咲きました。紅白のバラが終われば、ツル薔薇~モッコウバラ~紫陽花と色取り取りに目を楽しませてくれます。
H28年のバラ.jpg

H28年のバラ (2).jpg


毎夕のウォ-キングも日が長くなり、懐中電灯が要らなくなりましたが、約30分歩くと汗ばむ季節になりましたぞなもし・・・。
夕歩h2805.JPG


ではどちら様も、体調にご注意してお元気でお過ごし下さい。

暇爺




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。